Apple最新情報

iPhone・iPad・iOS・macOS・iTunesなどApple最新情報お届け!

iOS11新機能・アップデート方法・不具合などの最新情報をまとめ

matome.naver.jp

iPhoneiPadiPodの最新OSであるiOS 11のベタ版がWWDC 2017で発表されました。どんなiOS 11新機能が追加されましたか。iOS 11にアップデートできる機種は?

と知りたいでしょう。海外メディアによると、iOS 11の解禁日は2017年9月、iPhone8と同日だと予想されます。だが、今はすでに、iOS 11新機能の最新情報が流れています。どんなiOS 11新機能が追加されますか?iPad/iPhone iOS11へアップデートする必要がありますか?下記の内容を続き読みましょう!

 

iOS 11新機能には何が追加される?

次期iOS11にはバーチャルリアリティ、ダークモード、常時表示、ホーム画面へウィジェット、ビデオの解像度の変更、通知から直接返信、コンタクトアベイラビリティステータス、スマートWi-Fi 、スマートスリープ、バックグラウンドのアプリの一発終了、より安全なApple Pay、メールアプリ機能の改善、グループメッセージ、カメラAPI認識、より良いバッテリーの管理機能、より知能化されるSiri、より自由なコントロールセンター、などといったiOS 11新機能を搭載されるようです。iPad/iPhone iOS11へアップデートするかどうかと迷っているユーザーは、下記のiOS 11の目玉新機能の詳細をご参考ください。

①ダークモード
iOS 11の目玉新機能として注目を集めているのが暗い場所でもスムーズにスマートフォン操作を可能にする「ダークモード」機能です。例えば、iPhoneのダークモードをONにするとiOS・アプリのテーマカラーが暗色系に切り替わって、画面の眩しさが抑えられます。または、バッテリー残量が少なくなると、画面が自動的にダークモードに移行します。

②ホーム画面へウィジェット
カレンダーや次の予定、目覚し時計、メモ、天気予報、ニュース、株価、などなど、自分が入手したい情報を一つの画面でひと目で効率よく確認することができます。

iOS 11新機能

③Siriの強化
iOS11ではSiriが更に進化されます。例えば、他のApple製品との関連付けなどの強化、iPadiPhoneの連携などもさらにスムーズに行える可能性が高いです。または、基本的には機能強化がメインになることと、からだのマネジメントアプリの強化などが挙げられています。

④VR(バーチャル リアリティ)搭載
VR市場がますます盛り上がってきました。iPhoneさえあれば十分に楽しめるようになってきています。噂によると、アップルの最強のライバルのグーグルがVR技術を次世代アンドロイド・プラットフォームに搭載するらしいです。ライバルに勝つために、VR技術がiOS 11新機能として、搭載される可能性が高いです。

⑤グループメッセージ
メッセージ機能がもっと知能的になる可能性が高いと言われます。送信元と送信先の設定内容、ネットワーク接続、通信プランに基づいて、グループメッセージの種類、送信コンテンツを自動的に選択し、アプリの連携でメッセージを送受信することができます。

iOS 11対応機種は何でしょう?

iOS 11いつ

iOS 10からiPhone4/4sが対応機種範囲外ですので、アップデートできないです。では、iOS 11対応機種はこちらになります。

iPhoneモデル:iPhone 5, iPhone 5c, iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone SE, iPhone 7, iPhone 7 Plus
iPadモデル:iPad 4, iPad Air 1, iPad Air 2, iPad Pro 9.7-inch, iPad Pro 12.9-inch, iPad mini 2, iPad mini 3, iPad mini 4
iPodモデル:iPod touch第6世代

iOS 11アップデートする前に、まずはお手持ちのiPhoneが新バージョンのiOS 11対応機種ではないか、確認をしましょう。iOS 11アップデートして使いたいと思っても、手元のiPhone/iPad/iPodが未対応だと新iOS11にはアップデートすることができないです。iPhone 4s以前のデバイスはiOS11にアップデートすることが出来ないので注意してください。【続きを読む…